2018年12月31日

昨日、前潟イオンのクレーンゲームで獲得したもの。1点です。

西尾維新大辞展 EXQフィギュア〜忍野忍〈忍物語〉〜

1プレイ100円の隙間落とし設定台でした。
結果は15手くらいでした。

設定状況は、アームパワーマックスでねじれあり、爪は通常(スーパーボールはついてない)、隙間はギリギリで前後は板で塞がれている。両サイドは塞がれていない。
アシストありありでなんとか獲得状態です。
片アームで回転させようとしても、ねじれがあるから箱の中央しか狙いようがない。
アームパワーマックスだから前後で寄せて掴むと箱が立ち上がる。
横ギリギリまで寄せてもしっかり両アームでホールドする。
箱の隙間にも爪が入ってしっかり持ち上げ可能なパワー。
隙間がギリギリなのが問題。
調整して落とすことはほぼ不可能。アシスト前提台です。

となりのマクロスシェリル・ノーム台の隙間落としは神でも攻略不可能設定。
スーパーボール爪のアームパワーマックス。
隙間ギリギリで、前後左右を箱で塞がれている。
中央にも余計な台で斜めにしか落とせないような細工あり。
調整不可能、どこを狙っても確実に持ち上げる。
運で隙間に落ちることは台設定上不可能。
絶対にプレイしてはいけません。
posted by GALK at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記のような雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185291564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック